今日は痩せたかもしれない日記

痩せたかもしれない時に書きます

始まる恥じる混じる

疲れていると自分の毛がいらなくなってわき毛や眉毛を抜いてしまう。髪の毛じゃないのは長いから抜いた感触がないせいかもしれない。自分の一部を引き抜くことで不安定な気持ちも捨てている。昨日わき毛を抜きすぎて、マラソンランナーみたいな脇になってしまった。誰にも見せることがないからいいのだけれど、Tシャツを着た時に腕の隙間から覗く脇は少しだけツルツルになってしまった。メンズエステに通ったみたいだ。ただのストレスなのに。眉毛も左眉だけ薄くなってしまっているし、爪も短いと。何がなんでこんなに溜めてしまっているのだろう。吐いても日記にならない。最近小説を書こうとしているのだけれど、なかなか異性が書けない。今の異性は何を考えているのだろう。
毎日の暑さに負けて文章が考えられない。何かを考えようとしても浮かぶのは暑さとだるさだけでテレビをつければ熱中症と気温の話題ばかりで気をつけなければいけないと買ったばかりの炭酸を飲み干してしまう。飲み過ぎは良くないと思うのでお茶ばかりを飲むことにする。太陽の光で目玉焼きが焼けるのではないかと外を見ながら思う。実行したいけれど、食べる気は起きない。やりたいけれど、そのままほったらかしたい。作るのは好きだけど片付けるのが嫌いみたいな感じだ。
暑さのせいで汗をかいているからどんどん痩せていくと思ったのに細くなったのは心だけ。
明日からまた1週間が始まる。