今日は痩せたかもしれない日記

痩せたかもしれない時に書きます

太った後は痩せるだけ

SNSに自分とサンリオのキャラクターが写った写真をアップロードしたところ、平日の昼間だったのに「太った?」「太ったね」というリプライが来た。太ったことはわかっていたけれど、自分の中でちょっと太ったかもなあくらいの認識で、ドラゴンボールで神様が自分がナメック星人だと知ったときのように、ちょっと少しだけ太ったかなあというレベルだったと思っていたのに画像で、しかも隣にはサンリオのキャラクターがいるのに、そのキャラはもうみんな触れたくて、写真を撮った後に触られまくっていたほどのキャラクターが隣にいたのに、僕の太った体形のほうが気になるほどに太ってしまっていたということがショックで、ゆかりさんに私、太ったのかなと尋ねると、ずっと言ってたよ、とJPOPの恋愛の終わりのような歌詞で返事をされた。ずっと言われていた記憶はない。朝起きておはよ、太ってるよ、とか言われていない。ご飯もおかわりしてよいですかと勝手に許可制にして太りから遠ざけていたのにも関わらず、太っていた。
太ってしまったので痩せなければいけない。痩せるためにはどうしたらよいか。ダイエットをしなければいけないけれど運動をする時間もないし、お腹いっぱい食べたい。石川啄木が砂に大といふ字を百あまり書いていたが、僕はダイエットのダイの字を百あまり書いて痩せよう。文字を書いて身を削って、その削った身は幾ばくかの肉を削り、痩せていく。文章を書いて痩せていく。運動をせず食べることもやめない。ただ書くだけ。書いて痩せる。
痩せるために書く。
今日は休日だったので、出っ張ったお腹をどうにかしようと思った。このままのお腹では眼前にギロチンが落ちてきたときお腹の一部が切り落とされてしまう。落とされて痩せるならば、と一瞬考える。
お腹を引っ込ませるためにうつぶせになって本を読む。
花田菜々子「出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと」という本をずっと読んでいた。面白くて集中して読んでしまって結構な時間うつぶせになっていた。そのおかげでお腹は引っ込むと思ったけれど、立ち上がった瞬間にお腹はぼてんと膨らんでしまった。痩せていない。痩せなければと思ってゆかりさんに今日は私、お野菜しか食べないから!と宣言をした。
でもお昼には雑炊とサラダを食べてしまった。足りなくてお腹が空いてしまい、ずっと安室奈美恵さんのキャンユーセレブレイトの歌に乗せてピザ食べたいと歌い続けてしまった。でもピザは太る。だから歌い続ける。安室奈美恵さんみたいな体形になる。アムラーになる。
晩御飯を買いにゆかりさんとアムラーは近くのスーパーへ行く。そこでアジを買い、帰宅して二人で捌く。初捌き。アジは魚なので太らない。でも一緒にコーラを買ってしまった。Jコーラと呼ばれていたので、昔J文学が好きだった私にはピッタリと思って買ってしまった。でもゼロカロリーなので太らない。きっと。そもそもカロリーは熱量ともいうそうなので、もしかしたら薄着でいれば体が自分を温めようとして熱量を使うのでは、と思って上着として着ていた薄手のカーディガンを脱いで半そでになる。今日は夏日でただ涼しくなっただけだった。
アジのたたきを作って食べる。おいしくてご飯をおかわりした。
でも今日は歩いたのでその分はきっと大丈夫。コーラも飲んだけれどゼロカロリーだから大丈夫。


おそらく今日は痩せたかもしれない。